ビタミンCは毎日積極的に摂りたいビタミンの一つ

ビタミンCには生活習慣病の原因の活性酸素を除去するはたらきも
ビタミンCは水溶性ビタミンの一種です。水に溶けやすく、強い酸味があり、酸やアルカリに強い反面、熱や光、酸素に弱い性質を持ちます。ビタミンCには抗酸化作用があり、体の中でさまざまなはたらきをするため、日々消費されます。また、タバコやアルコールの摂り過ぎ、ストレスなどでも消費されるため、毎日の食事で積極的に摂りたいビタミンの一つです。

ビタミンCには抗酸化作用がある

ビタミンCには強力な抗酸化作用があります。活性酸素によって体が酸化してダメージを受けると、シミやシワ、生活習慣病、体の老化など、さまざまな弊害があらわれます。風邪にはビタミンCを摂るといい、と昔からいわれているように、ビタミンCには風邪予防の効果もあります。

 

抗酸化物質はビタミンCのほかに、βカロチン、ビタミンE、ポリフェノールなどがあります。これらとビタミンCを一緒に摂ることで、相乗効果が期待できます。

ビタミンCはコラーゲンと一緒に摂ると相乗効果?

ビタミンCはコラーゲンと一緒に摂るとさまざまな相乗効果が得られます。コラーゲンは、肌にハリとうるおいを与えるだけでなく、骨や血管を強化するはたらきがあります。

 

コラーゲンは加齢と共に減少します。ビタミンCが体内で不足すると、コラーゲンの生成と保持がうまくできなくなります。すると、肌にたるみが出たり、血管がボロボロになつたり、骨が弱くなります。体内のコラーゲンは十分なビタミンCがあってはじめて生成されます。肌の乾燥が気になる場合は、βカロチンをプラスすると、相乗効果が得られます。

コラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせない

コラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせない
シワは、真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸が減少することで起こります。コラーゲンやヒアルロン酸は紫外線によるダメージを受けやすく、また、加齢と共に減少します。ビタミンCには、紫外線の酸化作用から肌を守るはたらきがあります。

 

ビタミンCのシミを防ぐ効果は、メラニン色素を抑制するはたらきによるものです。

 

紫外線にあたるとメラノサイトという色素細胞からメラニンが作られて肌が日焼けします。日焼けしても、ふつう、新陳代謝によって徐々に元の肌の色に戻りますが、新陳代謝が滞るとうまくターンオーバーできずシミとなって残ります。

 

ニキビの跡が残るのも同じメカニズムです。ニキビによる炎症が起きると、炎症を起こしたところを守ろうとしてメラニン色素が生成されます。ビタミンCには、シミの予防・改善効果のほかに、抗炎症作用や皮脂分泌を抑制するはたらきがあることから、ニキビ対策の化粧品に多く使われています。

 

ビタミンEにも同様に抗酸化作用があります。一緒に摂ることで、美白・美肌効果がさらにアップします。

ビタミンCは抗ストレスホルモンの生成にも欠かせないビタミン

 

ビタミンCは抗ストレスホルモンの生成にも欠かせないビタミン
女性の体は、月経があるため、男性に比べ貧血になりやい傾向があります。鉄が不足すると貧血や血流の低下が起こります。すると、脳にいく酸素の供給量が不足して、疲労感や倦怠感を感じるようになります。ビタミンCと一緒に鉄を摂ると、単体で摂るより4倍吸収率がアップします。

 

ヒトの体は、ストレスを感じると、副腎から抗ストレスホルモンを分泌します。この抗ストレスホルモンの合成に欠かせないのがビタミンCです。ビタミンCの血中濃度を1とするなら、副腎におけるビタミンCの血中濃度は150です。

 

ビタミンCが不足することは、ストレスへの耐性が弱くなることでもあります。ストレスを感じやすい人は、積極的にビタミンCをとるといいでしょう。